妻にドライブと偽り風俗へ

結局美人に落ち着く

風俗の初心者を抜ける頃くらいになってくると、自分でもいろいろと試したいって気持ちが出てくるようになるんですよ。それは決して悪いことではないと思いますけど、ただあれこれ迷走と言うか、自分なりに選びつつも結局は当初の自分の趣味でもある美人風俗嬢に落ち着くようになるものなんですよね(笑)これは間違いないです。自分でも割といろいろなものを楽しみました。良いなって思ったものも多々ありましたけど、でも気付いたらそうでもないというか、案外普通になっていたというか、思った程じゃないなって思ったら結局は戻るというか(笑)だから今では美人風俗嬢に落ち着きましたね。なんだかんだで、美人風俗嬢との時間の方が自分であれこれ考えることなく、本能レベルで楽しめているものなんですよね。だから美人にしておけば間違いないだろうっていう確信もあるので、誰にしようか悩んでいる人もまた、とりあえず美人にしておけば良いんじゃないですかね(笑)

ライバルが多いのはこっちはありがたい

業者側としては大変かもしれないんですけど、利用者側としてはありがたいじゃないですか。だからデリヘルがこれだけ増えているのは、やっぱりありがたいよなって思いますよね。むしろあれだけ多いからこそ、デリヘルが素晴らしい競争原理の下、サービスの向上に繋がっているんじゃないかなって。風俗ってデリヘルだけが増えている状況でもあるんですよね。風俗店は風営法の影響もあってなかなか増えないんですけど、デリヘルだけはその影響がないので増えているんです。つまり、それだけライバルが増えているってことじゃないですか。業者としては大変だろうなとは思いますけど、こちらからすればそれは大歓迎じゃないですか(笑)そのおかげでデリヘルのレベルが相当高くなっているんです。手軽に呼べると言うのがデリヘルの売りだと思いますけど、むしろレベルの高さこそが最大の特徴と言っても良いんじゃないのかなって気持ちがあるので、デリヘルが大好きなんですよ。